LAN配線 きれいにしてトラブルのないネットワークへ [電話工事やLAN工事]

投稿日時:2019/07/05(金) 06:30

先日お客様から
「ネットワークがダウンです。インターネット、サーバー、プリンター、
 どこにも接続できません。仕事ができません」

と緊急のサポート依頼をいただきました。

  訪問して調査の結果、原因はLANケーブルのループ接続でした。
 
 ループは、こんな状態です。
 LANケーブルの両端を同じハブの別のポートに
 つなげています。
 この写真を見ただけでは、何でそんな事を
 してしまうのだろうと思われるかもしれません。
 現場はこんな状態でした。
 この状態だとループしていてもすぐには発見
 できません。
 また、この写真のように2つハブがある場合は、
 2つのハブを2本のLANケーブルでつなげても
 同じことが起こります。

こんな時は、インターネットの入り口のルーターにつながっているLANケーブルを全部一度外します。
最初にパソコンだけをルーターに直接つなぎ、ルーターでのインターネット接続を確認します。
次につながっていたLANケーブルを1本づつポートにさしてネットワークがダウンするケーブルを探します。
見つけたら、今度はその先を追っていき原因となっている場所を探します。
本数が多い場合や上記のような状態の時は根気のいる作業となります。

  どうすればこんな事にならないか。
 
  ①不要なLAN配線を転がしておかない。
 足元にLANケーブルが外れた状態で転がっている
 と、自分が抜いてしまったのではと考えハブにさ
 してしまう方がいます。
 左の赤丸のようにハブの近くにジャックがあると
 一層そのように感じるようです。
 (本人は全く悪気はありません。)
 
       
 
②ループ検知機能のついたハブを用意する。

 各メーカーからループ検知機能が付いたハブが
 販売されています。
 多少値段は高くなりますがループが発生した場合
 には、役に立ちます。
 
 
       
  ③LAN配線を整理して
  見てわかりやすい配線にする。

 機械の集まるところはラックを準備して機器と配
 線を整理します。
 LANケーブルにはラベルを付けてどことつながって
 いるかをわかるようにします。
 

新設、移転、トラブルなんでもご連絡ください
 ↓  ↓  ↓
https://www.jdic.co.jp/contact/
 

<< 2019年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
お問い合わせ