壁の差込口はどこに繋がっている?? [電話工事やLAN工事]

投稿日時:2019/03/13(水) 21:59

工事担当の佐藤です
みなさんはオフィスの壁や床に電話・LANの差込口があって
どうやって使えるようになっているのか疑問に思った事はありませんか?
今回はそんな小さな疑問にお答えしたいと思います


まずは電話の交換機やネットワーク機器から弱電盤に配管(掃除機ホースみたいなもの)
で繋がっていて
弱電盤から各部屋の壁や床へ配管が繋がっています。
その扉を開けると天井に向かって配管が伸びています




そして目的の場所まで配管が天井や壁の中を通っています。
今回は中継なしにダイレクトで目的の部屋まで配管されていますが、
現場によっては別の弱電盤を経由する時もあります。
その中を電話線、LANケーブルを端末まで通線していきます!



そしてケーブルの端末に電話の差込口やLANのコネクター処理をして完成!
スタート地点の機器にケーブル接続、設定を行うと使用する事ができます
その設定が少々難しいこともありますがそこは我々技術スタッフの腕の見せ所です
この状態になれば電話機やパソコンを接続して使用可能になるのです

1件1件丁寧な施工を心がけております、
配線整備や増設などいつでもお気軽にjdicにご相談ください


最後まで読んで頂きありがとうございました

佐藤
 

<< 2019年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
お問い合わせ