配線工事について [電話工事やLAN工事]

投稿日時:2018/11/15(木) 11:38

技術担当の佐藤です
電話機の設置・設定作業やLANケーブルの配線作業など、
オフィスに関わるインフラ部門の工事などしております。

オフィスのレイアウト変更や、引っ越しの時などに配線工事をする時が多いです。

ところで、皆さんはオフィスの床の形状を気にされた事はありますでしょうか


普段、あまり気にされないと思いますが、
新築のオフィスやリノベーションされているオフィスでは写真のような、
床下に配線作業を行うことが出来る
「OAフロア」(フリーアクセスなどと呼ばれる)という形状が多く見受けられます。

特に新しいビルは、ほとんどがOAフロアといってもいいくらいだと思います
配線を床下に通せるので、ケーブルが邪魔にならずお客様のレイアウトにあわせて配線工事が可能です

ですが、建築年数が20年~30年以上などの場合、
建設当時のままにご使用されているビルやテナントオフィスでは、
OAフロアにせずにフローリングや大理石もしくはタイル状の床であったりもします。

  


そのようなロケーションでは、
配線作業の仕方がとても重要になります。


配線したケーブルにお客様が引っ掛かると転んでしまったり
電話が使えなくなったりインターネットが使えなくなってしまうなど、障害の原因になります

そのような時には、「モール」「ケーブルダクト」などと呼ばれる、
ケーブルを保護するプロテクター製品を使用して工事を行います



※マサル工業製ガードマン
床面の形状や仕様にあわせて、カラーバリエーションがあり、選択できます。


※プロテクターをカットする専用工具
配線をガードするためにプロテクター製品は硬いため、
専用工具を使わないとうまく切断・加工出来ないです。

加工の仕方はセンスと腕のみせどころです!






床面に両面テープで接着して完成です
硬いプロテクターの表面が滑らかな半円形になっており、
ケーブルの上をイスや荷物を移動させても保護されているので断線させたり、
引っかけたりする心配もありません。
見た目もきれいで安心ですよね

お客様のオフィスにあわせて工事をしています
ケーブルの処理や見た目にお困りの際は、ぜひお声がけ下さい


佐藤

 

<< 2019年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お問い合わせ